鈴鹿市の地場産業である植木生産の現場で、障がい者就農をさらに加速させるべく、2018年1月より地元の植木屋さんと福祉事業所との作業受委託マッチングを始めました。植木屋さんたちと一緒に3年前から勉強会を重ねてきた植木の農福連携。いよいよ実証事業のスタートです。